読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go West

昔は結構ひとり旅に出ていた。と言っても実家住まいだったからできたコトで、ただの引きこもりの無職にすぎない。

何度かやったので友人には夏になると仕事を辞めるヤツって思われていたようだ。


最近はおかげさまで通年仕事があるので、そうそう長い休みで放浪することはなくなったけど、時々無性にトンズラしたくなる。

それが何とか収まってるのは、サッカーで遠征に行くことが増えたからだ。


現地に行けば同じく遠征してきた友人と合流でき、夜はみんなでご飯を食べられる。ひとりでは食べられない種類を堪能できる。ひとり居酒屋だと、当然品数も限られるからね。

その後はだいたいひとりで行動するから、やっぱりひとり旅みたいなものになる。仕事を辞めないで済んだのは、サッカーのおかげだったかもしれない。


大阪への遠征は一昨年以来。

旅費は来月の北海道の方が安いってのが納得行かない。


去年、飛行機で遠征に行った時、フライト15分前に羽田に着いたって言ったら「旅慣れたサラリーマンのようだ」と評された。

みなさんは空港でご飯食べたとか話してて、そうか、そんな楽しみ方もあるんだなって思ったよ。

若干の反省をして今日は早めに支度をしたつもりだったんだけど、当初予定より20分遅れの出発。いや、まだサラリーマンほどギリギリのスケジュールじゃないはずだ。


もう若くないので夜行バスや18きっぷじゃなくなって新幹線。今回は喫煙車。服がとんでもないコトになるけど、学生の集団がいないのが良いとも言える。煙草を目の敵にする人の多さに悲しくはなるが、ここではそれがメリットになる事例だ。

でも実際に乗ってみると、ほぼ誰も吸ってない。以前、喫煙車に乗った時は煙で視界が白かったけど、あれは自由車だったからなのかな。

喫煙エリアが減って、吸えるとなると親の仇のように吸いまくる人が増えた気がする。いろいろと窮屈な世界。

SNSとかと一緒で、叩いても良い相手なら死ぬまで叩く人が増えてる気がする。タカ派ハト派というけど、実際に相手が死ぬまでつつくのを止めないのは鳩だよー。動物行動学とかの本にも事例がある。


んなことは、まあ、いいか。

f:id:HandaHassaku:20170311134741j:plain朝からビール飲んでゴキゲンな週末の始まり。新幹線だけど各駅停車の旅で、私より後に出発した方々が既に現地で活動を始めたもよう。

静岡を抜けるまで2時間以上かかり、その辺りから新幹線も本気を出しているw

図らずも若い頃のひとり旅みたいだ。思い立った旅立ちはいつだって西に向かっている。読書がはかどるし、うたた寝もたっぷり。終点ブラボー。


テーブルにねんどろいどを置いていた前の席の女性客たちは京都で降りて行った。


大阪まであと少し。